RECRUIT社員紹介

社員紹介

キャストの仕事を先輩社員が紹介します

インフォメーション本部 インフォメーショングループ インフォメーションサービス課

「私達自身が商品である」
という意識を持って
仕事をしています

インフォメーション本部 インフォメーショングループ
インフォメーションサービス課
2014年入社

勤務体系

・6:20~23:00の間のシフト勤務
・4勤2休(もしくは1休)

1日のスケジュール

(早番の場合 6:20~14:50)

6:20
ブリーフィング
6:30
インフォメーションセンター内業務
(電話案内・アナウンス対応・ラジオ出演等)
10:00
休憩
11:00
案内カウンター業務
12:00
館内巡回業務
13:00
社内研修(英語レッスン・手話講習等)
14:00
業務資料作成
14:50
業務終了

現在されている仕事内容に
ついて

インフォメーションカウンターでの案内業務、インフォメーションセンターでの電話対応、アナウンス・ラジオ放送、館内巡回業務をアサイン表という時間割の様な表に従ってローテーションで仕事を行なっています。
又、案内資料を作成する班に所属し、カウンターで使用する地図や売店で扱っている商品のリスト作成等を行なっています。
外国人の方への接客も行なっているので英語のスキルも必要となります。

やりがいを感じるところ、
または大切にしていること

「私達自身が商品である」という意識を持って仕事をしています。
インフォメーションは商品を販売している訳ではありませんので、私のご案内がお客様へ提供出来るサービスの全てです。
責任はとても大きいですが、その分自分のご案内方法次第でお客様をより満足させることが出来ると実感しています。
ご案内に関する知識を深めることはもちろんですが、身嗜みや雰囲気、言葉遣いにも気を遣っています。

入社当時のことを
教えてください

入社前の単独説明会で実際の職場を見学したり、又、大学のOGの方にお話を聞いていた為、イメージしていた仕事内容と実際の仕事内容にギャップはありませんでした。
ですが、空港に関する膨大な知識が必要となる為、入社後はひたすら勉強の日々でした。
先輩や同期の支えのお蔭でなんとか乗り越えることが出来ました。

仕事で心に残ったエピソードを教えてください

研修期間を終え、初めて制服を着てカウンターに立った時のことが今でも強く心に残っています。
研修を終えた達成感とこれからインフォメーションスタッフとして仕事をするんだ、という責任を感じました。
今でも、初めて1人で立ったカウンターに行くとその日のことを思い出します。
又、日々お客様から頂ける「ありがとう。」という言葉はいつも心に響きます。

社員からのメッセージ

インフォメーションの仕事は北海道の顔となる仕事です。
北海道に関わる仕事、又、沢山の人と関わる仕事がしたい方に是非入社して欲しいと思います。
空港に来て頂ければ実際に私達がどの様に仕事をしているのかイメージが出来ると思いますので、興味がある方は是非いらっしゃってみて下さい。