RECRUIT社員紹介

社員紹介

キャストの仕事を先輩社員が紹介します

グランドハンドリング本部 ランプグループ ランプサービス課 係長

社内だけでなく、
社外の人との
コミュニケーションを
大切に

グランドハンドリング本部 ランプグループ
航務課
2012年入社

勤務体系

・シフト勤務
・4勤2休(もしくは1休)

1日のスケジュール

(早番の場合 6:30~15:00)

6:30
ブリーフィング
7:00
国際線ハンドリング対応
10:00
休憩
11:00
国際線ハンドリング対応
14:00
引継ぎ業務
15:00
業務終了

現在されている仕事内容に
ついて

出勤後まずは1日のフライト状況(遅延便、天候等)を確認し、自分の担当便の準備をします。
外国社を相手としている為、英語力が必要とされます。
飛行機の出発前、バランスを作成する為には旅客情報は勿論必要ですが、ランプの状況も把握しておく必要がある為、広い視野で仕事をする様心掛けています。

やりがいを感じるところ、
または大切にしていること

日々のハンドリング業務に関して、社内だけでなく社外との調整を取る事も多い為、日頃からコミュニケーションを取る事を大切にしています。

入社当時のことを
教えてください

以前は旅客ハンドリング業務を担当していたのですが、当初イメージしていた“華やかさ”だけでなく、実際に働いてみると時間との闘いで、お客様を捜索する為走る事が多く体力仕事だと思いました。
現在従事している航務の仕事に関しては、入社してからこの職業がある事を知り、旅客業務を経験した後、より飛行機の近くで仕事をする事に興味があった為、異動しました。
飛行機に関しての知識が増えると共に旅客時代の知識を生かせるのでとてもやりがいがあります。

仕事で心に残ったエピソードを教えてください

(航務の内容ではないですが)
旅客ハンドリングで国内線業務に携わっていた時に機材繰りで飛行機の出航が遅れてしまい、到着地についても交通機関が無いにも関わらず「帰れるだけでありがたい」とお客様から仰って頂けた事があり、心にジーンとくるものがありました。

社員からのメッセージ

専門学校在籍中には客室乗務員を目指しており、航空業界の他の職種に目を向けられていなかった為、視野を広く持って就職活動に臨むことは、社会人になった今大切だと感じています。
航務は、旅客、ランプの情報が全て集約されるセクションなので、各担当者と密に連絡を取り合う中で、自分の仕事以外の事も分かり、それが一番の魅力だと感じています。
ぜひ運航支援業務に興味がある方は挑戦して頂きたいです。